#Google Search Consoleでプロパティのエラーが出たときの対処コード
AWSアソシエイト

【解説】AWS認定デジタルバッジの取得方法!【SNSでアピール!】

【解説】AWS認定デジタルバッジの取得方法

AWS認定デジタルバッジの取得方法

AWS認定アカウントのログインページにアクセスして、ログインします。
↓のようなAWS認定アカウントのホーム画面に遷移するので、上の「デジタルバッジ」をクリックします!

次に、右側の「Credlyにサインイン」をクリックします!
※CredlyはITベンダー資格のデジタルバッジを管理するプラットフォームです。

Credly(ITベンダー資格のデジタルバッジを管理するプラットフォーム)にログインします。アカウントをお持ちでない場合は、「Create account」からアカウントを作成してください。

↓のように必要な項目を埋めて、「Create Account」をクリックするとアカウントが作成できます!

Credlyのアカウント登録・ログインをすると、以下のようなダッシュボード画面になります。ダッシュボードではご自身の保持する資格のデジタルバッジが表示されています!

SNSでデジタルバッジをシェアする場合、まずは「Dashboard」の右側にある「Settings」→「Applications」に移動します。

ここでCredly(ITベンダー資格のデジタルバッジを管理するプラットフォーム)と連携しているSNSを確認できます。Twitterと連携していなかったら「Connect」をクリックして連携しておきます!↓はすでにTwitterと連携済みです。

さきほどのダッシュボードの画面に戻し、AWSアソシエイトのバッジをクリックして、右上の「Share」をクリックします!

AWSアソシエイトのデジタルバッジをSNSやブログ、名刺用に画像をダウンロードできます!例として、TwitterでAWSアソシエイトのデジタルバッジを自慢してみます!笑

Credly(ITベンダー資格のデジタルバッジを管理するプラットフォーム)とTwitterの連携が完了したら、Twitterをクリックし、投稿内容を記入し、「Share」をクリックします!

TwitterでAWSアソシエイトのデジタルバッジを自慢できました!笑

まとめ

最後にまとめます!

  • AWS認定デジタルバッジをSNSでアピールしよう!
  • AWS認定デジタルバッジを取得、シェアは非常に簡単!

以上!

おすすめの関連記事