Cisco

【解説】CML(Cisco Modeling Labs)をTeratermで操作する方法【Breakout Tool】

【解説】CMLをTeratermで操作する方法

CML(Cisco Modeling Labs)をTeratermで操作する方法をまとめます。
やり方は以下の2つあります。

  1. コンソールサーバを利用する方法
  2. ブレイクアウトツールを利用する方法

それぞれやり方を解説していきます。

【方法1】コンソールサーバを利用する方法

1つめはコンソールサーバを利用する方法です。
CML自体がコンソールサーバの機能を持っており、特にダウンロードなどの作業は必要ありません。

まずはCMLのGUIのIPアドレスにTeratermからSSHで接続します。

CMLをTeratermで操作する方法_コンソールサーバ_1

ユーザ名とパスワードはCMLのGUIにアクセスする際のものを利用します。

CMLをTeratermで操作する方法_コンソールサーバ_2

CMLのコンソールサーバにアクセスできました。

CMLをTeratermで操作する方法_コンソールサーバ_3

CMLのコンソールサーバでは以下のようなコマンドが利用できます。
「help」コマンドで確認できます。

CMLをTeratermで操作する方法_コンソールサーバ_4

CMLのコンソールサーバで「list」コマンドを入力すると、ラボとそのノードの一覧が表示されます。

CMLをTeratermで操作する方法_コンソールサーバ_5

CMLのコンソールサーバで「open」コマンドで適切なラボ名とノードを選択すると、ノードにコンソール接続ができるようになります。

openコマンドの記載方法は以下の通りです。
open /ラボID/ノードID/ライン

CMLをTeratermで操作する方法_コンソールサーバ_6

【方法2】ブレイクアウトツールを利用する方法

2つめはブレイクアウトツールを利用する方法です。
ブレイクアウトツールを利用して、ブレイクアウトツールとCMLラボのノード間の通信をTLSで暗号化できるのが特徴です。ブレイクアウトツールをダウンロードする必要があります。

CMLのGUIにログインし、画面右上の「Tools」から「Breakout Tool」をクリックします。すると、以下のような画面になります。

CMLをTeratermで操作する方法_ブレイクアウトツール_1

最下部まで画面をスクロールすると「Download」とあるので、クリックします。または、左のタブから「Download」をクリックでも構いません。

CMLをTeratermで操作する方法_ブレイクアウトツール_2

以下のように、ブレイクアウトツールのダウンロード画面になるので、ご自身のOS環境のブレイクアウトツールをダウンロードしてください。例としてWindowsで進めます。

CMLをTeratermで操作する方法_ブレイクアウトツール_3

ダウンロードしたファイルを開こうとすると、警告が出るはずです。
特に問題はないので、「詳細」から「実行」で進みます。

CMLをTeratermで操作する方法_ブレイクアウトツール_4

ダウンロードが完了したら、ダウンロードファイルのショートカットを作成してください。
作成したブレイクアウトツールのショートカットのプロパティを開きます。

CMLをTeratermで操作する方法_ブレイクアウトツール_5

ブレイクアウトツールのショートカットのプロパティを開いたら、ユーザインタフェースを開くために「リンク先」の末尾に「 ui」と入力します。その後、適用し、OKをクリックします。

CMLをTeratermで操作する方法_ブレイクアウトツール_6

これにより、ブレイクアウトツールのショートカットを実行すると、ブレイクアウトツールを起動できるようになりました。

CMLをTeratermで操作する方法_ブレイクアウトツール_7

ブレイクアウトツールを起動したら、「http://localhost:8080」でGUIにアクセスします。

CMLをTeratermで操作する方法_ブレイクアウトツール_8

「Configuration」のタブをクリックし、ブレイクアウトツールを通してCMLのノードにアクセスできるように以下の変更を行なってください。

  • 「Verify TLS certificate」をオフにする
  • 「Controller address」をCMLのGUIのIPアドレスに変更
  • 「Username」と「Password」をCMLのGUIにログインするそれに変更
CMLをTeratermで操作する方法_ブレイクアウトツール_9

うまく設定ができれば、「Labs」のタブにCMLで作成したラボを確認できます。

CMLをTeratermで操作する方法_ブレイクアウトツール_10

CMLで作成したラボがOFFになっていたので、ONに変更し、アクセスできるようにします。

CMLをTeratermで操作する方法_ブレイクアウトツール_11

CMLで作成したラボをクリックすると、以下のようにノードの一覧が表示されます。

CMLをTeratermで操作する方法_ブレイクアウトツール_12

Teratermを開き、ホストを「localhost」、上記の「Links」に表示されているポート番号を指定して、telnet接続を行うとノードにアクセスできます。

CMLをTeratermで操作する方法_ブレイクアウトツール_13

Teratermから、ブレイクアウトツールを利用して、ノードにtelnet接続できました。

CMLをTeratermで操作する方法_ブレイクアウトツール_14

まとめ

最後にまとめます!

  • CML(Cisco Modeling Labs)をTeratermで操作する方法は2つある
  • 1つ目はコンソールサーバを利用する方法
  • 2つ目はブレイクアウトツールを利用する方法

以上!

IT資格の人気オンラインコース
本気でAWSエンジニアになるなら!

AWSに特化したコースがあるエンジニアリングスクールはまだまだ少ないです。
ですが、Raisetech(レイズテック)は現場レベルのAWSスキルを身につけられる実践的なエンジニアリングスクールとしておすすめできます!!

筆者自身も実際にAWSフルコースを4ヶ月間完走しており、エンジニアとしてスキルアップできました!

おすすめの関連記事