Paloalto

【Paloalto】ライセンスの確認方法【CLI,GUI】

【Paloalto】ライセンスの確認方法

paloalto(PA-200)で検証を行っています。
今回はPaloalto(PA-200)で、ライセンスを確認する方法(CLI、GUI)をまとめていきます!

  • 機種はPA-200
  • OSのバージョンはsw-version: 8.0.19

前提条件

前提条件として、ライセンスを確認するためにはインターネットを経由してPaloatloのサーバと接続する必要があります。環境にもよりますが、以下は適宜設定してください。

  1. DNSサーバーが設定されているか
  2. デフォルト ゲートウェイが設定されているか
  3. Paloaltoと接続先でインターフェイス速度とデュプレックスが同じか
  4. ルーティングが適切か(管理IFとサービスIFでそれぞれ想定通りか)
  5. ポリシーが適切か

自分の場合は、DNSサーバの設定とデフォルトゲートウェイの設定のみをしました。

【CLI】ライセンスの確認方法

↓CLIでライセンスを確認するコマンド
「Expired?: yes」なので、自分の場合はライセンスが切れております。

<オペレーションモード>
request license info

出力結果

admin@PA-200-first> request license info 
Current GMT Date: September 25, 2021 
License entry: 
Feature: Threat Prevention 
Description: Threat Prevention 
Serial: XXXXXXXXXXXXXX
Issued: July 13, 2018 
Expires: November 16, 2019 
Expired?: yes 
License entry: 
Feature: Premium 
Description: 24 x 7 phone support; advanced replacement hardware service 
Serial: XXXXXXXXXXXXXX 
Issued: July 13, 2018 
Expires: November 16, 2019 
Expired?: yes 
admin@PA-200-first>

【GUI】ライセンスの確認方法

↓Device → ライセンス → ライセンスサーバからライセンスキーを取得で確認できます!

※自身の検証環境ではライセンスが切れております

まとめ

最後にまとめになります!

  • 前提条件としてインターネット接続が必要
  • ライセンスを確認するコマンドはrequest license info
  • ライセンスは必ず確認しておこう!

以上!

おすすめの関連記事