Paloalto

【Paloalto】温度などのハードウェア状態を確認する方法【CLI】

【Paloalto】ハードウェア状態を確認する方法

paloalto(PA-200)で検証を行っています。
今回はPaloalto(PA-200)でハードウェアステータス(温度、ファン、電源の正常性)を確認する方法(CLI)をまとめていきます!

  • 機種はPA-200
  • OSのバージョンはsw-version: 8.0.19

【CLI】コマンドでの確認方法

↓CLIでハードウェアステータスを確認するコマンド
温度、ファン、電源の正常性を確認できます。

<オペレーションモード>
show system environmentals

出力結果(AlarmがFalseであれば、正常)

test-user@PA-200-first(active)> show system environmentals 
----Thermal---- 
Slot   Description                         Alarm    Degrees C  Min C   Max C 
 S1    6220 Core Temperature               False    53.33      5.00    95.00 
 S1    System Temperature                  False    37.33      5.00    70.00 
----Fans---- 
Slot   Description                         Alarm     RPMs Min RPM 
 S1    Fan RPM                             False     4066  1500 
----Power---- 
Slot   Description                         Alarm    Volts  Min V  Max V 
 S1    1.0V CPU Core                       False    1.00   0.95   1.05 
 S1    12V Power Rail                      False    11.53  11.10  12.60 
 S1    5V Power Rail                       False    4.91   4.60   5.40 
 S1    3.3V Power Rail                     False    3.27   2.97   3.63 
 S1    2.5V Power Rail                     False    2.48   2.25   2.75 
 S1    1.5V DDR                            False    1.56   1.35   1.65 
 S1    3.3V RTC Battery                    False    3.25 
test-user@PA-200-first(active)>

【Paloalto公式】CLI Commands to View Hardware Status

まとめ

最後にまとめになります!

  • ハードウェア異常が疑われる場合、ハードウェアステータスを確認しよう!
  • 「show system environmentals」でハードウェアステータスを確認できる!

以上!

おすすめの関連記事