Paloalto

【Paloalto】コンフィグをバックアップする方法【CLI,GUI】

【Paloalto】コンフィグをバックアップする方法

paloalto(PA-200)で検証を行っています。
今回はpaloalto(PA-200)で稼働しているrunning-configをpaloalto以外の場所(今回の例ではPCのローカル環境)にバックアップする方法をまとめていきます!

  • 機種はPA-200
  • OSのバージョンはsw-version: 8.0.19

CLIでコンフィグをバックアップする方法

【CLI】running-configを保存する

↓以下コマンドを設定する

configure
save config to 名前.xml 

↓以下、実際の出力

admin@PA-200-first# save config to 20210919-running-config.xml 
Config saved to 20210917-running-config.xml 
[edit]

以上でrunning-configの保存が完了!

【CLI】SCPでrunning-configをエクスポートする

↓PaloaltoからローカルPCへSCPでrunning-configを送る。

※ローカルPC(Windows)にSCPサーバを立てる方法は別途記載します。

【Paloalto公式】How to Import/Export Running Configuration Using Secure File Copy (SCP)

(オペレーションモードで)
scp export configuration from 名前.xml to username@host-ip:path

↓以下、実際の出力

admin@PA-200-first> scp export configuration from 20210917-running-config.xml to XXXX@192.168.XX.XX:c:/Users/XXX
XXX@192.168.XX.XX's password:
20210917-running-config.xml                   100%   11KB  10.6KB/s   00:00

以上でrunning-configのダウンロードが完了!

GUIでコンフィグをバックアップする方法

【GUI】running-configを保存する

Device → セットアップ → 操作 → 「名前付き設定スナップショットの保存」をクリック

↓running-configにわかりやすいように名前をつけて保存します。
その後、「OK」をクリック

↓稼働中のrunning-configを設定した名前でPaloalto内に保存できました。

以上でrunning-configの保存が完了!

【GUI】running-configをダウンロードする

Device → セットアップ → 操作 → 「名前付き設定スナップショットのエクスポート」をクリック

↓保存したrunning-configを選択して、OKをクリック
※「running-config」を選択すれば、稼働中のコンフィグをダウンロード(エクスポート)できる

ローカルPCにXMLファイルのrunning-configをダウンロード(エクスポート)することができました。

以上でrunning-configのダウンロードが完了!

まとめ

最後にまとめになります!

  • コンフィグのバックアップにはCLIとGUIの2つの方法がある!
  • 個人的にはGUIの方が圧倒的に簡単!

【Paloalto】バックアップしたコンフィグでリストアする方法【CLI,GUI】

以上!

おすすめの関連記事