Paloalto

【Paloalto】バックアップしたコンフィグでリストアする方法【CLI,GUI】

バックアップしたコンフィグでリストアする方法

paloalto(PA-200)で検証を行っています。
今回はPCのローカル環境にバックアップしたrunning-configをPaloalto(PA-200)にインストールして、リストアする方法をまとめていきます!

【Paloalto】コンフィグをバックアップする方法【CLI,GUI】

  • 機種はPA-200
  • OSのバージョンはsw-version: 8.0.19

CLIでコンフィグをリストアする方法

【CLI】running-configをインストールする

↓ローカルPCにバックアップしたrunning-configをPaloaltoでインストールする

【Paloalto公式】How to Import/Export Running Configuration Using Secure File Copy (SCP)

※ローカルPC(Windows)にSCPサーバを立てる方法は別途記載します。
※Paloaltoにインポートするコンフィグのパス名などは事前に確認しておくこと。

(オペレーションモードで)
scp import configuration from name@host:path/xyz.xml

↓以下、実際の出力

admin@PA-200> scp import configuration from XX@192.168.XX.XX:c:/Users/XX/20210917-running-config.xml
XX@192.168.XX.XX's password:
20210917-running-config.xml                   100%   11KB  10.6KB/s   00:00

20210917-running-config.xml saved

以上でローカルPCにバックアップしたrunning-configをPaloaltoにインストール完了!

【CLI】running-configをロードする

↓以下でさきほどインストールしたrunning-configを選択して、ロード(設定の読み込み、反映)をします。

configuration
load config from 名前.xml 

↓以下、実際の出力

admin@PA-200# load config from 20210917-running-config.xml 
Config loaded from 20210917-running-config.xml 
[edit] 

以上でローカルPCにバックアップしたrunning-configでリストア完了!

GUIでコンフィグをリストアする方法

【GUI】running-configをインストールする

Device → セットアップ → 操作 → 「名前付き設定スナップショットのインポート」をクリック

↓インポートするrunning-configを選択します。
その後、「OK」をクリック

↓ローカルPCからPaloaltoへXMLファイルがアップロードされます。

↓ローカルPCにバックアップしたrunning-config(スナップショット)をPaloaltoにインストール完了!

【GUI】running-configをロードする

Device → セットアップ → 操作 → 「名前付き設定スナップショットのロード」をクリック

↓さきほどインストールしたrunning-configを選択して、OKをクリック

↓ローカルPCにバックアップしたrunning-configでリストア完了!

まとめ

最後にまとめになります!

  • コンフィグのリストアにはCLIとGUIの2つの方法がある!
  • 個人的にはGUIの方が圧倒的に簡単!

以上!

おすすめの関連記事