Paloalto

【Paloalto】 candidate configを削除するCLIコマンド

【Paloalto】 candidate configを削除するコマンド

Paloaltoで設定コマンドは入れてしまったけどCommit(設定保存)をしたくないときがありました。その際に有効だったコマンドをメモとして残しておきます。

candidate configを削除するコマンド

candidate configを削除するコマンドは以下の通りです↓
※Juniperでいうrollback 0と同様のコマンドです。

configure
load config last-saved
commit

candidate configを削除して、過去のコンフィグバージョンに戻すコマンド

candidate configを取り消して、過去の設定ファイルのバージョンにしたい場合は以下のコマンドが有効です↓
※Juniperでいうrollback 1〜20と同様のコマンドです。

configure
load config version
run show config diff
commit 

以前使用していた設定ファイルに戻す手順 | Paloalto

ABOUT ME
のこのこ
26歳フリーランスのネットワークエンジニア 文系第2新卒からSESに入社、2年目にフリーランスに転職 ●保持資格 CCNP,LPIC level3,F5101,TOEIC820,AWSクラウドプラクティショナー,AWSアソシエイト ●目指す資格 ネットワークスペシャリスト,F5 201,セキスペなど