ネスペ

【令和元年度 午後2 問1 設問4】ネットワークスペシャリスト 過去問 午後 解説

【令和元年度 午後2 問1 設問4】ネットワークスペシャリスト 過去問 午後 解説

ネットワークスペシャリスト令和元年度の過去問の解説をしております。
本記事では、令和元年度 午後2 問1 設問4の解説をしております。

引用元:
令和元年度 秋期 ネットワークスペシャリスト試験(NW)午後Ⅱ 問1
※一部改変しております。

前回の問題はこちらからどうぞ↓↓↓

【令和元年度 午後2 問1 設問1】ネットワークスペシャリスト 過去問 午後 解説ネットワークスペシャリストの過去問の午後問題の解説をしております。ネスペに合格するには午後問題の突破がカギになります。令和元年度 午後2 問1の設問1の問題は基礎的な問題が多かったです。NAPTの理解やSIP Requestなどはしっかり押さえていきたいですね!...
【令和元年度 午後2 問1 設問2】ネットワークスペシャリスト 過去問 午後 解説ネットワークスペシャリストの過去問の午後問題の解説をしております。ネスペに合格するには午後問題の突破がカギになります。令和元年度 午後2 問1の設問2の問題は表や図からネットワーク通信の理解ができていることや基本的なネットワークの知識が問われている印象でした!...
【令和元年度 午後2 問1 設問3】ネットワークスペシャリスト 過去問 午後 解説ネットワークスペシャリストの過去問の午後問題の解説をしております。ネスペに合格するには午後問題の突破がカギになります。令和元年度 午後2 問1の設問3の問題は表や図から読み解く問題が多く出ております。SIPやVoIPの文字があるから難しく見えがちですが、時やすい問題が多いのが特徴でした!...

設問4

(1)機器の設定内容を答える問題

設問4(1)の問題文出典:「令和元年度 秋期 ネットワークスペシャリスト試験(NW)午後Ⅱ問1 p12

問題文から見ていきましょう↑
「下線③に必要となる機器の設定」とあるので、まずは下線③を探してみましょう↓↓

下線部③の内容理解出典:「令和元年度 秋期 ネットワークスペシャリスト試験(NW)午後Ⅱ問1 p10

下線③を確認すると、以下のことがわかりました。

  • 本社の内部LANで何かを切り替えること
  • 本社の内部LANを現行環境と新環境の2つに分離されること

その上で、下線③の前文を読んでみると、IP-PBXやWebサーバを切り替えることがわかります。この時点でざっくりと切替対象がわかったので、次は現行環境と新環境の構成を調べていきます。

しかし、↓の切替期間中の本社のネットワーク構成図を見てもどこが現行環境で新環境なのかわかりません。

内部LANの概要出典:「令和元年度 秋期 ネットワークスペシャリスト試験(NW)午後Ⅱ問1 p9

そのため、現行環境(旧環境)である図1をまず確認します。↓↓

内部LANの構成理解出典:「令和元年度 秋期 ネットワークスペシャリスト試験(NW)午後Ⅱ問1 p2

現行環境の内部LANの構成図が把握できたところで、先ほどの切替期間中の本社のネットワーク構成図をもう一度確認します。

新環境と現環境のNW構成の把握出典:「令和元年度 秋期 ネットワークスペシャリスト試験(NW)午後Ⅱ問1 p9

↑の構成図から以下のことがわかります。

  • 現環境の構成のL3SWは新環境の構成でも利用すること
  • 現環境の構成のL3SWの配下に、新環境を構成することになるので、新環境セグメントの作成が必要になること
  • 新環境セグメントを作成したら、そのセグメントへのルーティングを設定する必要があること
  • 下線③から「現行環境と新環境を分離する」とあるので、それぞれのセグメント同士で通信できないようにする必要がある。実装方法としては、ルーティングをしないようにする、アクセス制御を適用するなど。

問題文にもう一度戻ってみます。

設問4(1)の問題文出典:「令和元年度 秋期 ネットワークスペシャリスト試験(NW)午後Ⅱ問1 p12

「下線③に必要となる機器の設定」が答えるべきこととなります。

下線③は「切替期間中の本社の内部LANでは、現行環境と新環境を分離」を指す。
つまり、本社の内部LANで現行環境と新環境を分離するために必要な機器の設定を答えることになります。

本社の内部LANで現行環境と新環境を分離するために必要な機器は、図5中の字句を用いて答えると、L3SWです。

ここまで、踏まえて答案をつくってみます。

L3SWでPoE-SWにつながるポートを新規のセグメントとして作成し、現行環境のL2SWにつながるポートとの通信を許可しないようにする。(68字)

↓このままだと「通信を許可しないようにする」と設定内容が明確ではないので、
設定内容を具体的に書く必要があります。

L3SWでPoE-SWにつながるポートを新規のセグメントとして作成し、現行環境のL2SWにつながるポートへのルーティングをしない(64字)

L3SWでPoE-SWにつながるポートを新規のセグメントとして作成し、現行環境のL2SWにつながるポートへのアクセス制御をする(63字)

↓文字数を60字以内にするために整形します。

L3SWでPoE-SW配下のポートを新規のセグメントとして作成し、現行環境のL2SW配下のポートへルーティングをしない(59字)

L3SWでPoE-SWのポートを新規のセグメントとして作成し、現行環境のL2SWのポートへのアクセス制御をする(55字)

よって、答えはL3SWでPoE-SW配下のポートを新規のセグメントとして作成し、現行環境のL2SW配下のポートへルーティングをしない59字)

L3SWでPoE-SWのポートを新規のセグメントとして作成し、現行環境のL2SWのポートへのアクセス制御をする(55字)

IPAの正式解答はL3SWのPoE-SW収容ポートを新しいセグメントにして、L2SW収容ポートとのルーティングを禁止する(51字)
※あくまで解答は筆者自身の個人的な解答です。IPAの正式解答が唯一無二の解答ではありませんので、ご自身で解答をつくるのが一番の練習方法になると思います!

(2)適切な字句を埋める問題

設問4(2)の問題文出典:「令和元年度 秋期 ネットワークスペシャリスト試験(NW)午後Ⅱ問1 p12

次の問題ですね。
空欄c,dに入る適切な字句を答える問題になりますね。
まずは空欄c,dの位置を確認します↓↓

本文から空欄cと空欄dを探す出典:「令和元年度 秋期 ネットワークスペシャリスト試験(NW)午後Ⅱ問1 p10

文章からまとめると以下になります。

  • 話題は、本社のIP電話機を一斉に切り替えること
  • Y-DCのIP-PBXと本社のIP-PBXとの連携を断念した
  • その理由として、2つのIP-PBXを同時に稼働しても、IP電話機間の内線通話ができなくなるから
  • 「また、」と続くことから、別の理由として空欄c,dを含む文章が書かれている
  • 「空欄cとIP電話機の切替えの順序関係」とあるので、IP電話機の切替え作業の日程を確認する必要がある
  • 「IP電話機では、空欄dができなくなります。」とあるが、IP電話機でできなくなることは通話しかない。どことどこの通話かは具体的にする必要がある

空欄c

空欄cから確認していきます。
「空欄cとIP電話機の切替えの順序関係」とあるので、空欄cには移行作業の内容が入ると推測できます。

空欄cと対となるIP電話機の切替えをまずは↓でみてみると、作業名がa5の作業であることがわかります。

IP電話機の切替作業出典:「令和元年度 秋期 ネットワークスペシャリスト試験(NW)午後Ⅱ問1 p8

作業名がa5の作業がスケジュールだとどの時期にやるのかを把握します。↓↓
すると、同時期に本社で移行作業を行うのがa3もあることがわかります。

移行作業のスケジュール出典:「令和元年度 秋期 ネットワークスペシャリスト試験(NW)午後Ⅱ問1 p9

a3の作業内容を確認すると、IP-PBXの切替え作業であることが読み取れます。
よって、空欄cに当てはまる字句としては、「IP-PBXの切替え」が当てはまりそうですが指定の文字数が20字以内であり、あまりにも字数が余ってしまいます

ここで、「IP-PBXの切替え」を具体的に説明することで字数を埋めていきます。
↓から「IP-PBXの切替え」の具体的な作業内容として、「本社の公衆電話網の電話番号をY-DCへ移行する」とあります。なので、これを20字以内にいい感じにまとめたいです。

IP-PBXの切替作業内容出典:「令和元年度 秋期 ネットワークスペシャリスト試験(NW)午後Ⅱ問1 p8

本社の公衆電話網の電話番号をY-DCへ移行する(23字)

↓まずは空欄cに適切な答えにする

本社の公衆電話網の電話番号をY-DCへ移行する作業(25字)

↓空欄cと並列する「IP電話機の切替え」には
どこからどこへの切替えは省略されているので、空欄cも省略する

公衆電話網の電話番号を移行する作業(17字)

よって、空欄cの答えは公衆電話網の電話番号を移行する作業(17字)
IPAの正式解答は公衆電話網の電話番号の移行(13字)

空欄d

次に空欄dですが、IP電話機でできなくなることは通話しかありません。
文字数が20字とあることから、どことどこの通話かは具体的にする必要がありそうです。

ここまで整理します。

公衆電話網の電話番号を移行する作業(空欄c)とIP電話機の切替えの順序関係によって、IP電話機で通話(空欄d)ができなくなる

公衆電話網の電話番号の移行作業によって、当然公衆電話網を利用した通話、つまり本社と外部との通話ができなくなります。
これをまとめると、公衆電話網を利用した本社と外部との通話になります。

よって答えは、公衆電話網を利用した本社と外部との通話(19字)
IPAの正式解答は本社と社外の電話との発着信(13字)

(3)プロキシの設置場所と変更内容

設問4(3)の問題文出典:「令和元年度 秋期 ネットワークスペシャリスト試験(NW)午後Ⅱ問1 p12

下線④とあるので、確認しましょう。↓↓

下線部④の理解出典:「令和元年度 秋期 ネットワークスペシャリスト試験(NW)午後Ⅱ問1 p10

上記の文章からまとめます。

  • 下線④は「切替えは、プロキシサーバの設定変更によって行います。」を指す
  • その「切替え」が指しているのは、前文の「Webサーバ」の切替えを指す
  • その切替えをプロキシサーバの設定変更によって行うとあるので、プロキシサーバの機能を確認すると、プロキシ機能とDNS機能があるとわかる
  • プロキシ機能は↑からオレンジ色の用途で使用している
  • DNS機能は他でどのように利用しているのかが触れられていないので、Webサーバの切替えの際に活用すると推測ができる

設定変更の対象となるプロキシサーバは本社とX-DCの2つがあります。
並行稼働させるものの、最終的には移行元が本社のプロキシサーバで、移行先がX-DCのプロキシサーバなので、移行元である本社のプロキシサーバでDNSの設定変更をします。

本社のプロキシサーバのDNS機能で、本社のWebサーバのAレコードのIPアドレスを、切替先であるX-DCのWebサーバのIPアドレスに変えることによって、Webサーバの切替えができます

よって、設置場所は本社
変更内容は本社のWebサーバのAレコードのIPアドレスを、X-DCのWebサーバのIPアドレスに変える(46字)

IPAの正式解答は↓↓
設置場所は本社
変更内容はWebサーバのAレコードのIPアドレスを、X-DCのWebサーバのIPアドレスに変える。(44字)

(4)図や表から読み解く問題

設問4(4)の問題文出典:「令和元年度 秋期 ネットワークスペシャリスト試験(NW)午後Ⅱ問1 p12

空欄の字句を埋める問題ですね。
まずは本文中から空欄サ、シを探します。↓↓

作業サと作業シの空欄箇所出典:「令和元年度 秋期 ネットワークスペシャリスト試験(NW)午後Ⅱ問1 p11

上の文章から↓のことがわかりました。

  • 話題は、支店の移行切替の話
  • 「支店ごとに作業b2〜b5を実施する」うえで、制約はあるかと部長が聞く
  • その受け答えとして、空欄サ、シの作業は同時にやる必要があるとのこと

支店での作業b2〜b5の作業をみていきます。↓↓

支店の移行作業出典:「令和元年度 秋期 ネットワークスペシャリスト試験(NW)午後Ⅱ問1 p8

支店での作業b2〜b5の中から2つの作業は同時に行う必要があります。

作業名ざっくり作業内容
b2 PBXの停止通話のための作業
b3 IP電話機の導入通話のための作業
b4 PCの切替え社内PC通信のための作業
b5 スマホの導入スマホを導入するだけの作業

↑からb2とb3の作業は通話のための作業であり、同時に作業を行う必要がありそうです。
b4はPC、b5はスマホの作業のため、同時に行う必要性は特段ないです。

よって、答えはb2、b3(順不同)

(5)機器の撤去時期を答える問題

設問4(5)の問題文出典:「令和元年度 秋期 ネットワークスペシャリスト試験(NW)午後Ⅱ問1 p12

最後の問題ですね!
下線⑤とあるので、それを探していきます↓↓

下線部⑤の把握出典:「令和元年度 秋期 ネットワークスペシャリスト試験(NW)午後Ⅱ問1 p11

以上の文章から、答えるべきことが以下となります。

  • 本社のFW、Webサーバ、プロキシサーバ及びIP-PBXの全てがどの時点で撤去可能になるのかを答える
  • またその時点まで撤去ができない機器を答える

まずは撤去する機器を構成図から把握します↓↓
FW、Webサーバ、プロキシサーバ及びIP-PBXを確認してください。

移行・切替作業のゴール出典:「令和元年度 秋期 ネットワークスペシャリスト試験(NW)午後Ⅱ問1 p9

これまでの移行作業の内容を整理しましょう↓↓
移行作業内容をネットワーク構成図に反映してみます。

移行作業の概要理解出典:「令和元年度 秋期 ネットワークスペシャリスト試験(NW)午後Ⅱ問1 p8

移行作業内容の理解と図の照らし合わせ出典:「令和元年度 秋期 ネットワークスペシャリスト試験(NW)午後Ⅱ問1 p9

表3から読み取れることを整理していきます。

  • 本社の移行作業は全部でa1〜a7
  • a2でX-DCのプロキシサーバを稼働させるが、本社のプロキシサーバも引き続き稼働させるので、この時点で本社のプロキシサーバは撤去できない
  • a3で本社のIP-PBXは停止しているので、この時点で撤去可能に
  • a4で本社のWebサーバは停止しているので、この時点で撤去可能に
  • a5、a6で現環境の内部LANのL2SW配下のIP電話機とPCを新環境に移行することになるので、a6の完了時点で本社のプロキシサーバFWが撤去可能に

よって答えはa6のPC切替えが完了した時点本社のプロキシサーバとFW
IPAの正式解答は
時点 本社PCの切替期間が終了した時点
機器 本社のプロキシサーバ、本社のFW

前回の問題はこちらからどうぞ↓↓↓

【令和元年度 午後2 問1 設問1】ネットワークスペシャリスト 過去問 午後 解説ネットワークスペシャリストの過去問の午後問題の解説をしております。ネスペに合格するには午後問題の突破がカギになります。令和元年度 午後2 問1の設問1の問題は基礎的な問題が多かったです。NAPTの理解やSIP Requestなどはしっかり押さえていきたいですね!...
【令和元年度 午後2 問1 設問2】ネットワークスペシャリスト 過去問 午後 解説ネットワークスペシャリストの過去問の午後問題の解説をしております。ネスペに合格するには午後問題の突破がカギになります。令和元年度 午後2 問1の設問2の問題は表や図からネットワーク通信の理解ができていることや基本的なネットワークの知識が問われている印象でした!...
【令和元年度 午後2 問1 設問3】ネットワークスペシャリスト 過去問 午後 解説ネットワークスペシャリストの過去問の午後問題の解説をしております。ネスペに合格するには午後問題の突破がカギになります。令和元年度 午後2 問1の設問3の問題は表や図から読み解く問題が多く出ております。SIPやVoIPの文字があるから難しく見えがちですが、時やすい問題が多いのが特徴でした!...
ABOUT ME
のこのこ
26歳フリーランスのネットワークエンジニア 文系第2新卒からSESに入社、2年目にフリーランスに転職 有益な資格試験の情報を主に提供していきます! ●保持資格 CCNP,LPIC level3,F5101,TOEIC820,AWSクラウドプラクティショナー ●目指す資格 ネットワークスペシャリスト,F5 201,AWSアソシエイトなど