ネスペ

ネットワークスペシャリスト 過去問 解説【平成28年度 午後1 問1 設問3】

ネットワークスペシャリスト 過去問 解説【平成28年 午後1 問1 設問3】

ネットワークスペシャリスト平成28年度の過去問の解説をしております。
本記事では、平成28年度 午後1 問1 設問3の解説をしております。

前回の問題はこちらからどうぞ↓↓↓

ネットワークスペシャリスト 過去問 解説【平成28年度 午後1 問1 設問1】ネットワークスペシャリストの過去問の午後問題の解説をしております。ネスペに最短で合格するには午後問題の突破がカギになります。そのためにはネスペの過去問から傾向を把握し、難易度の難しい午後問題の対策をしていきましょう!...
ネットワークスペシャリスト 過去問 解説【平成28年度 午後1 問1 設問2】ネットワークスペシャリストの過去問の午後問題の解説をしております。ネスペに最短で合格するには午後問題の突破がカギになります。そのためにはネスペの過去問から傾向を把握し、難易度の難しい午後問題の対策をしていきましょう!...

(1) 解説

出典:「平成28年度 秋期 ネットワークスペシャリスト試験(NW)午後Ⅰ 問1 p5」

下線部⑤で、送信元ドメインが得られるSMTPプロトコルのコマンドを問われています。
この問題も知識問題ですね〜

答えはMAIL FROMです。

SMTP通信のコマンドはぜひ覚えてましょう!

下記の図の②で送信側のメールサーバが宛先のメールサーバへ、
MAIL FROMコマンドで送信元ドメインを伝えている
ことがわかりますね!

(2) 解説

「SPFレコードと照合される情報」を20字以内に端的に答える問題です。

SPFレコードと何かを比較することで確認をします。
本文中のマーカーした部分がヒントです。

出典:「平成28年度 秋期 ネットワークスペシャリスト試験(NW)午後Ⅰ 問1 p5」

SPF(Sender Policy Framework)とは、送信メールサーバの正当性を、受信メールサーバ側で
確認する方式
とあります。

つまり、送信してきたメールサーバが正しいのかを、受信するメールサーバで確認することです。
送信元の認証です。シンプルですね。

さあ問題文に立ち戻りましょう!

受信側のメールサーバが送信側DNSにSPFレコードを名前解決します。
その応答で知り得たIPアドレス送信元のメールサーバのIPアドレスを照合します。
適しているものは通信を許可、それ以外は拒否します。

よって、答えは送信元のメールサーバのIPアドレスとなります。

引き続き、ネットワークスペシャリストを目指して頑張っていきましょう!!

前回の問題はこちらからどうぞ↓↓↓

ネットワークスペシャリスト 過去問 解説【平成28年度 午後1 問1 設問1】ネットワークスペシャリストの過去問の午後問題の解説をしております。ネスペに最短で合格するには午後問題の突破がカギになります。そのためにはネスペの過去問から傾向を把握し、難易度の難しい午後問題の対策をしていきましょう!...
ネットワークスペシャリスト 過去問 解説【平成28年度 午後1 問1 設問2】ネットワークスペシャリストの過去問の午後問題の解説をしております。ネスペに最短で合格するには午後問題の突破がカギになります。そのためにはネスペの過去問から傾向を把握し、難易度の難しい午後問題の対策をしていきましょう!...
ABOUT ME
のこのこ
26歳フリーランスのネットワークエンジニア 文系第2新卒からSESに入社、2年目にフリーランスに転職 有益な資格試験の情報を主に提供していきます! ●保持資格 CCNP,LPIC level3,F5101,TOEIC820,AWSクラウドプラクティショナー ●目指す資格 ネットワークスペシャリスト,F5 201,AWSアソシエイトなど