BIG-IP

NW機器のリンク冗長化(静的LAG、LACP)確認コマンドのまとめ

リンク冗長化確認コマンドのまとめ

NW機器のリンク冗長化(静的LAG、LACP)確認コマンドをまとめてみます!
NW機器でトラブルシューティングの際にリンク冗長化(静的LAG、LACPのステータス)を確認したいときがあると思うので、その際に活用いただければ本望です!

  • NW機器で静的LAG、LACPが利用されていることが前提になります。
  • 機種やバージョンによってコマンドに差異がある可能性があります。

Cisco(IOS)

show etherchannel summary

Cisco(NX-OS)

show port-channel summary

ASA

show port-channel summary

F5(BIG-IP)

tmsh show net trunk

Juniper(JUNOS)

show lacp interfaces

※オペレーショナルモードで入力
※コンフィグレーションモードで打つ場合は、先頭にrunをつける

Paloalto

show lacp aggregate-ethernet

※オペレーショナルモードで入力
※コンフィグレーションモードで打つ場合は、先頭にrunをつける

表でまとめ!

最後にまとめになります!

NW機器HAステータス確認コマンド
Cisco(IOS)show etherchannel summary
Cisco(NX-OS)show port-channel summary
ASAshow port-channel summary
F5(BIG-IP)tmsh show net trunk
Juniper(JUNOS)show lacp interfaces
Paloaltoshow lacp aggregate-ethernet
ABOUT ME
のこのこ
26歳フリーランスのネットワークエンジニア 文系第2新卒からSESに入社、2年目にフリーランスに転職 ●保持資格 CCNP,LPIC level3,F5101,TOEIC820,AWSクラウドプラクティショナー,AWSアソシエイト ●目指す資格 ネットワークスペシャリスト,F5 201,セキスペなど
おすすめの関連記事