ブログ

【解説】WordPressのバックアップ方法【プラグインで一瞬!】【BackWPup】

WordPressのバックアップ方法

WordPressで「バックアップをしてください」みたいな表示をよく見かけるので、一応バックアップを取っておくかと重い腰を上げました(笑)

プラグイン(BackWPup)で自動バックアップする方法を解説していきます!
今回は具体例としてブログのファイル(テーマやプラグイン)やデータベース(記事)を外部の保管場所(Dropbox)に保存する設定を行います!

BackWPupを利用したバックアップ方法

プラグイン(BackWPup)をインストールする

まずはプラグイン 「BackWPup – WordPress Backup Plugin」を検索して、インストールしましょう。

ファイル(テーマやプラグイン)をバックアップする設定

  • 画像で指摘しているところ以外はすべてデフォルトで触れておりません
  • カスタマイズはお好みにどうぞ、以下はあくまで参考になります。

まずはプラグイン BackWPupで「新規ジョブを追加」をクリック

ジョブの名前を設定します。
また、ジョブの用途を「ファイルのバックアップ」と「インストール済みプラグイン一覧」にチェックを入れます。

以下、設定を行います。
設定を行いましたら、「保存」をクリックします。

次に、上の方にあるタブで「スケジュール」をクリックして、いつどの頻度でバックアップを取るのかを設定します。
設定を行いましたら、「保存」をクリックします。

タブで「プラグイン」をクリックして、重たくなるのが嫌なので圧縮するようにします。

タブで「Dropbox」をクリックします。
Dropboxのアカウントを作成します。Dropboxはバックアップファイルやデータの保管先として利用します。
その後、「Dropboxのアプリ認証コードを取得」をクリックします。

クリックすると、以下の表示が出るので、「許可」を押します。

すると、コードが表示されるので、そのコードをコピーします。

そして、コピーしたコードを↓の「Dropboxのアプリへのアクセス」の空欄に貼り付けます。

しばらくすると、以下のように「認証済み」になると思います。
ファイル(テーマやプラグイン)をバックアップする設定は完了です!

データベース(記事)をバックアップする設定

今度は「データベース」(記事)のバックアップのジョブ(処理)を作成します!!

「新規ジョブを追加」をクリック。
ジョブの名前を決めて、バックアップする対象は「データベース」を選択します。

以下も同様です。

タブで「DBバックアップ」を選択して、バックアップファイルの圧縮だけ選択します。
あとはすべてデフォルトで構いません。

以上で、データベースのバックアップのジョブも作成できました!!!!

これでファイル(テーマやプラグイン)とデータベース(記事)を外部の保管場所(今回の場合はDropbox)にバックアップすることができましたね!!

一回やってしまえば、あとは定期的に自動でバックアップをしてくれるので、これで万が一の時も安心ですね!!!

【解説】BackWPupのバックアップ復元方法【意外と簡単】WordPressで誤って記事を消してしまいました!BackWPupでデータベース(記事データ)のバックアップを取っていたので、消してしまった記事を復元することができました!BackWPupで記事データを復元する方法を解説します!...
おすすめの関連記事