ブログ

【501エラー】「 対応していないメソッド(MOVE/COPYなど)を使用した。」の解決方法

【501エラー】「 対応していないメソッド(MOVE/COPYなど)を使用した」の解決方法

【状況】501エラーが発生する

WordPressのブログで記事を書いて、プレビューで確認しようとしたところ↓の表示が!!
501エラーは初めてみました。

501 Not Implemented
症状としてはプレビューとして変更したブログの記事内容を確認することができませんでした。

調べてみるとXserverのWAFの設定が引っかかっているそうでした。
WAFはわかりやすく言えば、セキュリティチェック機能です。
エラー内容に「 対応していないメソッド(MOVE/COPYなど)を使用した。」とあります。

自分が切り分けとして状況を整理すると以下になります。

【結論】外部リンクのURLに不要な文字が入っていた!

自分の場合は、外部リンクのURLの最後に不要なコードが入っていることが原因でした!!

↑の方法によって、原因となる箇所を特定することができ、それが外部リンクのURLとわかりました。
そのURLで外部リンク先にアクセスしようとしてみると、以下のような表示になるのでURLがおかしいと判断できました。

URLが不適切であることが判明したので、適切なURLに変更するとプレビューが無事に表示されるようになりました!!

どうして不適切な文字が入り込んでしまったのかはわかりませんでしたが、いい教訓になりました。

【その他の対処法】XserverのWAF設定をOFFにする

501エラーで検索すると「XserverのWAF設定をOFFにする」で解決しましたというのを見かけましたが、最終手段だと思います。理由は以下の通りです。
WAFはわかりやすく言えば、セキュリティチェック機能です。

  • WAF設定でフィルタリングされている(501エラー)ということは、ブログの記事内のコードがセキュリティ的に問題があると指摘してくれている
  • もちろんWAF設定で誤検知して、セキュリティに問題があると指摘してしまう場合もありうるので、この際には有効かもしれない
  • 疑うべきなのは、記事のコード、XserverのWAF設定の順番をおすすめします!

このエラーに当たっている人は意外といそうな感じがしたので、XserverのWAFのシグネチャ(悪質と判断するためのルール)が誤検知を起こしやすくなっているのかもしれませんね。ほとんどの人がWAFの設定をON,OFFを切り替えて解決できるなら誤検知している可能性は高そうですね!

XserverのWAF設定をOFFにする設定は↓サイトがわかりやすかったです!
参考までに!

WordPressの「501エラー」の解決策(エックスサーバー)

まとめ

最後にまとめます!

  • 記事内に問題がないかをまずは確認しよう!
  • 記事内に問題が見つからなければXserverのWAF設定をOFFにしてみよう!

以上!

ABOUT ME
のこのこ
26歳フリーランスのネットワークエンジニア 文系第2新卒からSESに入社、2年目にフリーランスに転職 有益な資格試験の情報を主に提供していきます! ●保持資格 CCNP,LPIC level3,F5101,TOEIC820,AWSクラウドプラクティショナー ●目指す資格 ネットワークスペシャリスト,F5 201,AWSアソシエイトなど