ブログ

【501エラー】「 対応していないメソッド(MOVE/COPYなど)を使用した。」の解決方法

【501エラー】「 対応していないメソッド(MOVE/COPYなど)を使用した」の解決方法

【状況】501エラーが発生する

WordPressのブログで記事を書いて、プレビューで確認しようとしたところ↓の表示が!!

501 Not Implemented

症状としてはプレビューとして変更したブログの記事内容を確認することができませんでした。

調べてみるとXserverのWAFの設定が引っかかっているそうでした。

自分が切り分けとして状況を整理すると以下になります。

【結論】外部リンクのURLに不要な文字が入っていた!

自分の場合は、外部リンクのURLの最後に不要なコードが入っていることが原因でした!!

↑の方法によって、原因が外部リンクのURLとわかりました。

そのURLで外部リンク先にアクセスしようとしてみると、以下のような表示になるのでURLがおかしいと判断できました。

URLが不適切であることが判明したので、適切なURLに変更するとプレビューが無事に表示されるようになりました!!

【その他の対処法】XserverのWAF設定をOFFにする

501エラーで検索すると「XserverのWAF設定をOFFにする」で解決しましたというのを見かけましたが、最終手段だと思います。

理由は以下の通りです。WAFはわかりやすく言えば、セキュリティチェックして不正な挙動を遮断する機能です。

  • WAF設定でフィルタリングされている(501エラー)ということは、ブログの記事内のコードがセキュリティ的に問題があると指摘してくれている
  • もちろんWAF設定で誤検知して、セキュリティに問題があると指摘してしまう場合もありうるので、この際には有効かもしれない
  • 疑うべきなのは、記事のコード、XserverのWAF設定の順番をおすすめします!

XserverのWAFのシグネチャ(悪質と判断するためのルール)が誤検知を起こしている可能性は高いです!実際、自分もWAFをOFFにして解決したこともありました!

XserverのWAF設定をOFFにする設定は以下の通りです!

  1. Xserverにログインする
  2. 「サーバ管理」→「WAF設定」→「ドメイン選択」で移動
  3. 必要な項目をOFFにする(設定反映は1時間くらいかかる)
  4. 最後にWAF設定をONにして、戻すことを忘れずに!

自分もどうしてもうまくいかなかったので、WAF設定の「コマンド対策」をOFFにしたら反映することができました!(あくまで自分の場合)

念の為ですが、最後にWAFの設定をONにすることを忘れずにしましょう!!

まとめ

最後にまとめます!

  • 記事内に問題がないかをまずは確認しよう!
  • 記事内に問題が見つからなければXserverのWAF設定をOFFにしてみよう!
  • 最後にWAFの設定をONにすることを忘れずに

以上!

おすすめの関連記事