ブログ

【解決方法】「アクセスしようとしたページは表示できませんでした。」403 Forbiddenと表示される。【WordPress】

【403エラー】「 アクセスしようとしたページは表示できませんでした。」の解決方法

【状況】403エラー(403 forbidden)が発生する

WordPressのブログで記事を書いて、プレビューで確認しようとしたところ↓の表示が!!

症状としては記事の下書き保存やプレビューを確認することができませんでした。

原因はXserverのWAFの設定が有効化していることでした!!

自分が切り分けとして状況を整理すると以下になります。

【結論】XseverのWAF設定を無効化する!!

私の場合、記事の中でDatabaseのエラーコマンドを記載していて、そのコマンドがXserverのWAF設定で不正な攻撃と判断されてしまったことが原因でした!!

WAFはわかりやすく言えば、セキュリティチェックして不正な挙動を自動で遮断する機能です。

  • WAF設定でフィルタリングされている(403エラー)ということは、ブログの記事内のコードがセキュリティ的に問題があると指摘してくれている

XserverのWAF設定をOFFにする設定は以下の通りです!

  1. Xserverにログインする
  2. 「サーバ管理」→「WAF設定」→「ドメイン選択」で移動
  3. 必要な項目をOFFにする(設定反映は1時間くらいかかる)
  4. 最後にWAF設定をONにして、戻すことを忘れずに!

Databaseのエラーコマンドが原因だとわかっていたので、WAF設定の「SQL対策」をOFFにしたら反映することができました!(あくまで自分の場合)

よくわからない場合、すべてOFFにすれば大丈夫です!
しかし、最後にWAFの設定をONにすることを忘れずにしましょう!!

ちなみに、XserverのWAF設定が原因で503エラーが起きたこともあったので、XserverのWAF設定は厳格なルールでセキュリティを保っていることがわかりますね!

まとめ

最後にまとめます!

  • 記事内に問題がないかをまずは確認しよう!
  • 記事内に問題が見つからなければXserverのWAF設定をOFFにしてみよう!
  • 最後にWAFの設定をONにすることを忘れずに

以上!

おすすめの関連記事