ブログ

BackWPupのバックアップ復元方法【意外と簡単】

BackWPupのバックアップ復元方法

ワードプレスで誤って記事を消してしまいましたww
その際にBackWPupでデータベースのバックアップを取っていたので、そこから消してしまった記事を復元することができました!!!

【解説】WordPressのバックアップ方法【プラグインで一瞬!】WordPressのバックアップ方法 WordPressで「バックアップをしてください」みたいな表示をよく見かけるので、一応バックアッ...

自分の当時の状況は↓になります。

  • 誤って消してしまった記事を復元したい(データベースの復元)
  • テーマやプラグインなどの復元は必要ない(ファイルの復元)
  • レンタルサーバとして、エックスサーバを利用している
  • BackWPupでバックアップを行っていた

BackWPupでバックアップしたsplファイルをダウンロードする

すると、以下のようなsqlファイルをダウンロードすることができたと思います。
ファイルの名前.sql

ダウンロードする際には、復元したいものが最新のものかを確認してください。

phpMyAdminにログインする

[blogcard url=”https://www.xserver.ne.jp/”]

まずはエックスサーバのサーバーパネルにログインします。

ログインできたら、「phpmyadmin」をクリックします。

すると、ログインIDとパスワードが聞かれます。
「MySQL データベースのユーザー名」と「MySQL データベースのパスワード」を入力します。

ユーザ名とパスワードはこちらで作成や確認できるのでご確認ください。
エックスサーバのサーバパネルで「MySQL設定」へ移動

「MySQLユーザ一覧」のタブへ移動
ユーザ名の確認とパスワードを確認・変更することができます。
新しいユーザを作成した場合にはアクセス権限を忘れずに与えてください。

[blogcard url=”https://www.xserver.ne.jp/manual/man_db_setting.php”]

phpMyAdminでバックアップファイルをインポートする

手順
  1. 上の方にある「インポート」タブをクリック
  2. 上からアップロードファイルで「ファイルを選択」をクリック
  3. バックアップファイルとして用意したsqlファイルを指定する
  4. その他、デフォルトのままでOK(画像通り)
  5. 実行をクリックで、バックアップ完了!!!!

無事完了すると以下のような表示が出ると思います。

バックアップから記事を復元することができました!!
バックアップの大事さが身にしみてわかりました(笑)

参考 つまづいたところ

DBのエラーが表示された。↓

DROP TABLE IF EXISTS `wp_cocoon_accesses`;
#1046 – No database selected

調べると、処理動作を行う際にデータベース名を指定していないことが原因であることがわかりました。

消す処理でどこから消すのかの範囲を指定いなかったらそりゃエラーは出ますよね。。

結論、以下のようにデータベース名を指定することで解決することができました!!
方法としては、sqlファイルをテキストエディタで開き、エラーの文言が出ている前文に
USE データベース名;の文言を追加しました。

USE データベース名; ★データベース名を指定して、この一行を追加
DROP TABLE IF EXISTS `wp_cocoon_accesses`; ★エラーの出ていた文言

データベース名がわからない場合は、エックスサーバのサーバパネルで「MySQL設定」へ進むとデータベースの名前が示されているのでそちらをご確認ください。↓↓↓

エックスサーバのサーバパネルで「MySQL設定」へ移動

データベースの名前が示されているのでそれをコピペ↓↓

ABOUT ME
のこのこ
26歳フリーランスのネットワークエンジニア 文系第2新卒からSESに入社、2年目にフリーランスに転職 ●保持資格 CCNP,LPIC level3,F5101,TOEIC820,AWSクラウドプラクティショナー,AWSアソシエイト ●目指す資格 ネットワークスペシャリスト,F5 201,セキスペなど
おすすめの関連記事