ネットワークスペシャリスト 平成28年 午後I 解説 ①

ネスペ

平成28年午後試験の解説と備忘録を記載していきます。
自身の至らない点がございましたら、ご指摘くださいますと幸いです。

出題内容

平成28年 午後Iの問1の内容はメールのセキュリティの問題でした。

講評から正答率が高かったとの記述があるので、受験者にとっては比較的容易な問題であったでしょうね。

メールに関する問題は出題頻度が高いので、
きっちりと基礎を押さえていきましょう!

設問1 解説

設問1は穴埋め問題ですね。
基本的に穴埋め問題は空欄を含む文章をしっかりと読むことが重要です。

また、知識を問うことが多いです。
パッとわからなかったら飛ばすことや捨てることも大切になります。

空欄問題は短答問題よりも配点は少ないはずなので、時間をかけすぎないようにしましょう!

空欄ア 解説

長ったらしい文章を読みだす前に、問題で問われていることを確認しましょう!

その上で、いきなり空欄アを探して、それを含む文章を読み込みます。

出典:「平成28年度 秋期 ネットワークスペシャリスト試験(NW)午後Ⅰ 問1 p3

空欄アは知識問題です!

結論、答えはMX(Mail eXchanger)レコードです。

MXレコードとは、転送先メールサーバのホスト名をFQDNでDNSに登録したレコード情報です。
要は、宛先ドメイン当てのメールを管理するメールサーバのお名前のことです。

MXレコードはFQDNで登録しているので、
そのFQDNに対応するAレコードも登録する必要があります。
なぜなら、送信側のメールサーバは応答でもらったFQDNを名前解決するからです。
そこで、ようやく送信側のメールサーバは宛先のメールサーバのIPアドレスを知ります。

下線のキーワードがヒントになりましたね!
ピンっとこなかったら、覚えればいい!ただそれだけです!

空欄イ 解説

出典:「平成28年度 秋期 ネットワークスペシャリスト試験(NW)午後Ⅰ 問1 p3

この問題は文脈から読み解く問題です。
外部からA社へのメールの説明文で問われていて、A社のメールサーバの名称が空欄イの答えになると予想できますね。

ここで全体のネットワーク構成を確認します。
↓↓↓

出典:「平成28年度 秋期 ネットワークスペシャリスト試験(NW)午後Ⅰ 問1 p2」

A社内(オレンジ色)をざっと見ただけで、もうメールサーバーは一台しかありませんね!
MSV3しかメールサーバーはありません。これは確実に押さえたい問題でしたね!!

答えはMSV3です。

空欄ウ 解説

出典:「平成28年度 秋期 ネットワークスペシャリスト試験(NW)午後Ⅰ 問1 p4」

続いても文脈から読み解く問題です。

まず空欄ウを含む、一文を読みます。
PC→〇〇 にメールを送信しているとあるので、メールサーバーが入るのでは?と考えます。

付近の文章を読むと、B社内のメール送受信に関する内容だとわかります。
そこでB社内のネットワーク構成を確認すると、PCとルータ6しかありません。

出典:「平成28年度 秋期 ネットワークスペシャリスト試験(NW)午後Ⅰ 問1 p2」



冒頭の説明文によると、B社はISPのQ社のインターネットサービスを利用しているとある。
B社のPCからQ社のメールサーバーを介して、
外部(A社含め)とメールを行うことがわかりますね!

Q社にはメールサーバーがMSV2しかありません!
そのため、答えはMSV2になります。

これも絶対に落としたくない問題ですね〜

空欄エ 解説

これも知ってたらすぐ答えられる知識問題です。

出典:「平成28年度 秋期 ネットワークスペシャリスト試験(NW)午後Ⅰ 問1 p5」

答えはSMTP-AUTHです。

SMTP-AUTHとは、メール転送を行うSMTPでユーザー認証することです。
要はメールサーバー(SMTPサーバ)が、メール送信元のユーザーが意図したちゃんとした利用者かを確認することです。

コンビニが未成年者にはお酒を売りませんと掲げているのと一緒です。
20歳ですよ〜と言って身分証明書を提示することで、お酒を購入できますからね。

これは解き方どうこうよりも、「SMTP」「ユーザ認証」のキーワードから
SMTP-AUTHを思い付くかどうかなので、次回に備えて覚えましょう!

続きは別の記事にしますので、お役に立てましたら幸いです!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました